雑記

筆者はこんな人 Part.3

Part.3 就職できないってよ

トップへの道を少しずつ歩み始めた僕。
特別ゼミのような担当者に抜擢されてからは、自信も、経験もついてきた。

この仕事は楽しい。
毎年同じ授業をしているようで、教え方は毎年変わる。
生徒の特性に合わせて教え方は変化していく。
そして、自分の中でもブラッシュアップされていく。

そして受験というものにも価値がある。
12歳や15歳の少年少女が、1年かけて努力をした結果
それが報われる、報われないの結果を叩きつけられる。
まさに社会というものを見せつけられる。

そこで本気で喜んだり、悔しがったりすることができるほど
努力ができた子は、正直結果なんて重要ではない。
もちろん僕らの仕事は合格させることなのだけれども。

人生で僕はこれを頑張った!という経験を社会人になってから得ることはとても難しい。
少なくとも新卒3~5年では。

それが必ず訪れる。頑張れる機会が。
そこで頑張るか、頑張らないかはとても重要な選択だ。

あぁ、僕はこんな思いを抱いて塾講師を続けていくんだな…そう思っていた。

「大学中退してると、就職できないってよ。」

お、おおおおおおおおお!??!?!?!?!